2016年5月9日月曜日

週報2016-5-8


2016-No.18 
2016年5月8日 復活節第7主日

●主日の祈り
神さま、あなたの民のさまざまな思いを御旨によって一つにしてください。変わり続けるこの世界で、変わることのないまことの喜びに心を定め、あなたの約束を覚えて生きることができますように。
あなたと聖霊とともにただ独りの神、永遠の支配者、み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

●礼拝式 
司式|安井宣生 奏楽|髙橋こ
前奏
始めの歌 114(こども)
み名による祝福/十戒(式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
福音の朗読 ヨハネ福音書 17:20-26(新約p.203)
説教 「 ひとつにしてください 」 安井宣生
感謝の歌 439(教会)
信仰告白 使徒信条(式文p.7)
奉献
教会の祈り
ヌンクディミティス   (式文p.9)
主の祈り      (式文p.10)
派遣の歌 417(教会) 
祝福
後奏
[聖書朗読]伊藤
[受付/祈り]北川
[受付/点火]吉見の
[生け花]宇野く
[献花]辻谷(父召天記念日)、箕輪(誕生日)

●お知らせ
■「本郷ルーテルおいしいじかんフェスタ」が開催されます。教会の皆で、地域の方々をお迎えし、共に楽しく恵まれた時を過ごしましょう。これまでの準備のご奉仕にも感謝します。
□「熊本地震」によって被害を受け、不安に晒されている方々と主が共におられ、穏やかな生活を取り戻すことができるよう祈ります。日本福音ルーテル教会では、熊本地震 九州教区対策本部【できたしこルーテル】により、①物資支援②避難所支援③地域支援④片付け支援⑤精神的な支を行います。これを支えるために「救援募金」を実施します。上記の⑤つの働きへの募金(A)に加えて、礼拝堂修復のための募金(B)も含みます。ご協力をお願いします。
【できたしこルーテル】からの情報はhttps://www.facebook.com/kumaeqhq/ に掲載されます。祈りと支援を寄せていきましょう。※物資の要請は一旦、停止されました。
■熊本地区の教会の寄せ書きを通して祈りを届けます。寄せ書きのカードにお名前をお書きください。
■全国教師会総会と教会総会が行われました。報告と計画、決算と予算の他、宗教改革500年事業、熊本地震に関する件、神学教育支援、礼拝式文改定、ブラジル宣教などについて協議されました。総会議長に立山牧師、副議長に大柴牧師、書記(事務局長)に白川牧師、会計に豊島さん、財務に木村さん、無任所役員として小林さんがそれぞれ再任されました。教師会長は石居牧師、書記は安井牧師、会計に和田牧師が選出されました。
□5/22(日)に「本郷教会60周年記念礼拝・感謝会」が行われます。ご参加ください。

●今後の予定
5月10日(火)聖書の学びと祈り会10:30
5月15日(日)ペンテコステ礼拝、聖書の学び、役員会、教区聖歌隊練習
5月19日(木)読書会
5月22日(日)60年記念礼拝・感謝会

●次週の礼拝 5月15日 聖霊降臨祭(ペンテコステ)
 聖 書 使徒言行録   2:  1-21(新約p.214)
     ローマ     8:14-17(新約p.284)
     ヨハネ福音書14:  8-17(新約p.196)
 讃美歌 (こ)94,(会)115,聖歌隊讃美,253,357 
 説教「 あなたは神さまの子ども 」
 [司式説教]安井宣生 [奏楽]髙橋こ
 [聖書朗読]吉見れい   [受付/祈り]髙野 [受付/点火]酒井
 [生け花]錬石 [献花]芦塚(家族誕生日)、杉山(誕生日)

●今週の聖書日課 詩編97
   9日(月)ローマ1:1-15   10日(火)ローマ1:16-32 11日(水)ローマ2:1-16
 12日(木)ローマ2:17-29 13日(金)ローマ3:1-8   14日(土)ローマ3:9-20 

●先週の教会 
 1日(日)  主日礼拝 大人60 子8 計68名
      聖書通読会、野宿者支援ちかちゅう給食作業
 2〜3日 JELC全国教師会総会、3〜5日 JELC全国総会
 3、5日 相馬クロニカル上映会
 7日(土) 本郷フェスタ準備作業

●集会のご案内
  主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
         ※第3日曜日はお休み
 聖書通読会 毎月第1日曜日 礼拝後30分(次回6/5)
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回6/5)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回5/10) 
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回5/15) 
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回5/19)
       (『宗教消滅』/島田裕巳/SB新書)
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日、こむぎクラブ
 ガラテヤ会 毎月第4日曜日 礼拝後(次回5/29)※5月は第5日曜の予定
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 ちかちゅう給食作業(野宿を余儀なくされている方々へ)5月22日(日)13:30(早稲田)

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。
●本郷学生センター |英会話クラス|火・木・金曜日
・Bibile Class 毎週日曜日9時30分(無料)第3日曜休み
・Christianity Today 毎週金曜日18時30分(無料)

●マルティン・ルターによる1日1章
 5月1日 
「イエスが、『子どもたちのパンを取って子犬にやってはいけない』とお答えになると、女は言った。『主よ、ごもっともです。しかし、子犬も主人の食卓から落ちるパン屑はいただくのです。』」(マタイ15:26-27)
 
 神が私たちを罪人と見なして裁かれるとき、私たちが神の裁きに耐えることもできず、「その通りです」と言うこともできないとしたら、私たちはまったく見捨てられた気持ちになるだろう。また、もし罰せられた人々がそう言うことができたなら、彼らは即座に救われるであろうに。私たちは口では罪人であると言っているが、神が私たちの心にそう語られると、耐えることができず、義と認められ義人と見なされて、裁きから免除されることを望むのである。
 しかし、神がみことばにおいて正しいのなら、あなたは罪人であるはずである。そこで、あなたは、神が彼らに与えられた、すべての罪人の権利を得ることができるということになる。すなわち、それが「罪の赦し」である。それであなたは子犬のように食卓の下のパン屑を食べるばかりでなく、あなたは「子」であって、あなたの思う通り、神を自分のものとするのである。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
神とその業に抗う心を持つことがある。なぜこんなことが許されるのかと、問わずにおれないことがある。喘ぎつつ、それを受け止めようとする時、新しい道が開かれることがある。yasui