2016年2月8日月曜日

週報2016-2-7



2016-No.6 
2016年日 教会総会礼拝

主日の祈り
聖なる不滅の神さま。私たちは、御子イエス・キリストの中にしか、あなたの栄光を見ることはできません。わたしたちを御子に似た者へと造り変え、その神性で包んでください。あなたと聖霊と共にただ独りの神、永遠の支配者、み子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン

礼拝式
司式|安井宣生 奏楽|大江         
前奏
始めの歌 128(こども)
み名による祝福/十戒(式文p.1)
罪の告白/ゆるしの言葉/キリエ/グロリア
主日の祈り
聖書の朗読 ペトロの手紙一4:7-11(新約p.433)
みことばの歌 157(教会) 1-3節
説教 「 賜物を生かして 」 安井宣生
感謝の歌 157(教会) 4-6節      
信仰告白(式文p.7)
奉献
教会の祈り
聖餐の歌 256(教会)
聖餐式(式文p.12)
ヌンクディミティス(式文p.18)
派遣の歌 285(教会) 
祝福
後奏
[聖書朗読] 吉見れい
[受付/祈り]今岡
[受付/点火]鴨下
[生け花]  村尾た
[献花]伊藤(子召天記念日)、大手夫妻、後藤(恩師召天記念日)

お知らせ
■礼拝へようこそ。昼食は「本郷フェスタ」サポートランチとしてカレーが準備されています。どうぞ召し上がってください。1階にて。
■13時より、定期総会を開催します。このため、今月の聖書通読会、英語読書会はお休みです。なお、総会出席者は、教会讃美歌を持参ください。
■9日(火)10:30より祈祷会(聖書の学びと祈り会)です。聖書を学び、ランチを囲みます。乞ご参加
■10日(水)より、イエスの受難を覚える四旬節に入ります。19時より「灰の水曜日礼拝」を行いま
 す。なお今年のイースターは3/27です。前週の受難週には木曜日と金曜日にも礼拝を致します。
□毎週日曜朝9:30より、ジェニーさんによるバイブルクラス。あと数回となりました。ぜひ参加を
□18日(木)13時より、読書会です。「おもてなし入門」(一条真也著)を取り上げます。
□春の全国ティーンズキャンプ(3/28-30、神戸)参加者募集中です。
□人生の節目(誕生、受洗、結婚、召天など)に感謝して礼拝のためにお花をお献げください。献花表に記入し、担当へお願いします。
□使用後の聖書、讃美歌、礼拝式文などの整頓をお願いします。
□ 日本キリスト教連合会定例講演会「キリスト教教育と道徳教育~道徳の教科化を巡って~」講師:小副川幸孝牧師。日本カトリック会館2Fマレラホール。2月9日(火)13:30-15:00。

今後の予定
2月9日(火)祈祷会(聖書の学びと祈り)10:30
10日(水)灰の水曜日礼拝19時
14日(日)役員就任式、定例役員会
18日(木)読書会13時
21日(日)ちかちゅう作業
27日(土)ルーテル学院聖歌隊・ハンドベルコンサート
28日(日)神学校の夕べ16時
3月6日(日)按手式9時

次週の礼拝 2月14日 四旬節第1主日
 聖書 申命記26:1-11(旧約p.320)
    ローマ10:8b-13(新約p.288)
    ルカ4:1-13(新約p.107)
 讃美歌  (こ)2,(団)290,393(1-2),393(3-4) 
 説教 「 心を語る 」
 [司式説教]安井宣生 
 [奏楽]髙橋あ
 [聖書朗読]髙野
 [受付/祈り]益田め
 [受付/点火]関
 [生け花] 田中
 [献花]益田夫妻(結婚記念日)

今週の聖書日課 詩編99
   8日(月)列王記上18:30-46 
   9日(火)列王記上19:1-21 
 10日(水)ヨエル2:12-18 2コリント5:20-6:2 マタイ6:1-6(灰の水曜日) 
 11日(木)列王記上20:1-43 
   12日(金)列王記上21:1-29
 13日(土)列王記上22:1-40

先週の教会
 31日(日) 主日礼拝 大人39 子5 計44名
      バイブルクラス5名
      本郷フェスタ実行委員会9名
   4日(木) 聖書に聴く会4名
      キリスト教入門2名

集会のご案内
   主日礼拝  毎週日曜日   10時30分より
 バイブルクラス(英語で学ぶ聖書講座)毎週日曜日9時30分より
 聖書通読会 毎月第1日曜日 礼拝後30分(次回3/6)
 英語読書会 毎月第1日曜日 14時より(次回3/6)
 祈祷会   毎月第2火曜日 10時30分より (次回2/9もしくは16) 
 聖書の学び 毎月第3日曜日  9時20分より (次回2/21) 
 読書会   毎月第3木曜日 13時より(次回2/18)「おもてなし入門」
 こども礼拝 毎月第2・第4日曜日(次回2/14)、こむぎクラブ
 ガラテヤ会 毎月第4日曜日 礼拝後(次回2/28)
 聖書に聴く会  毎週木曜日 10時30分より
 キリスト教入門 毎週木曜日 19時30分より /求道者会(入門講座)随時
 ちかちゅう給食作業(野宿を余儀なくされている方々へ)2月21日(日)13:00

※キリスト教や聖書について、信仰についてお知りになりたいことのある方や、
 洗礼希望の方、また相談のある方はご遠慮なく牧師までお申し出ください。

本郷学生センター 
 英会話クラス|火曜日~金曜日|生徒募集中
・Christianity Today   毎週金曜日18時30分(無料)
・English Coffee Hour  毎週金曜日19時30分(無料)

マルティン・ルターによる1日1章
2月7日 
死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じた。」(ローマの信徒への手紙4:17)

 みことばによって天と地を創造され、光を闇から輝き出させた方にとっては、無からすべてを、死から生を、罪から義を、悪魔と地獄への隷属から神の子としてのすばらしい自由を生み出すのは、たやすいことである。神は、ご自分で造られた天の星をすべてその名で呼ばれるように、無数の華やかな星の軍隊のように存在することになるアブラハムの子孫たちをも、まだそこに存在する前から呼ばれる。なぜなら、神においては過去も未来もなく、私たちには長期にわたって起こるはずのすべてのことが、神の前には現在だからである。
 神は語られる。「私は無から有を、あらゆる心痛と悲嘆から歓喜の極みを造り出すことができる。また、私はこのように言うことができる。死と墓よ、命になれ。地獄よ、天国と救いになれ。憎しみよ、高価な薬と慰めになれ。悪魔とこの世、お前たちは私のものであるキリスト者にとって、愛らしい天使や義しい信徒より役立つ。なぜなら、私は自分のぶどう畑が、あらゆる種類の苦悩や不幸によって、かえってよい畑になるように耕して待つことができ、またそのようにしたいからである」と。
-------

マイナスとしか思えない状況で、そこにおられる神に出会う。そこでは神が私を耕してくださる。実りを期待し。yasui
------