2015年10月27日火曜日

聖歌隊讃美2015年宗教改革主日



10月25日の宗教改革主日礼拝において歌われた曲は、「われはアルファ、またオメガ」です。(作曲:John Stainer、詞:ヨハネの黙示録 22:13, 4:8b 森田稔教訳編、伴奏:大神さん)

宗教改革者マルチン・ルターは、「神は苦難と十字架の中にしか決して見いだされない。」と言いました。

私たち人間の目には、十字架上のイエス様は、弱く、痛々しい姿をされています。 十字架には神様の本質は隠されています。

神様の本質は、ヨハネの黙示録22:13でイエス様ご自身が言われます。
「わたしはアルファであり、オメガである。最初の者にして、最後の者。初めであり、終わりである。」

この時を超えて、全てを創造し、全てを満たし、全てを支配される神様を、私たちは、高らかに歌うのです。