2014年9月5日金曜日

本郷教会修養会2014のお知らせ


世界中のキリスト教会がもっとも大切にしていることについて、講師の先生をお招きし、学びの時を持つことになりました。
一般的な話しというより、少しつっこんだお話しになるかと思いますが、せっかくの機会ですし、多くの人の心に届く言葉で神学を語ることに定評のある先生です。
ぜひご参加ください。歓迎します。部分参加も可能です。入場無料。

<日時> 
2014年9月21日(日)12:00〜15:00 

<主題> 
「十字架」とは何か
 キリスト教といえば十字架。それはイエス・キリストが十字架刑にあったということからですが、なぜ処刑の道具という負のシンボルが、世界的宗教における肯定的なシンボルとして用いられているのでしょうか。その意味するところは何でしょうか。私たちの生活とどんな関わりがあるでしょうか。いろいろと伺い、また語りあう時になればと思います。 

<講師> 
 江藤直純先生(ルーテル学院大学 学長)
 2014年、それまで担っていた日本ルーテル神学校校長より、ルーテル学 院大学学長に転任。一橋大学卒。日本ルーテル神学大学(現ルーテル学院大学)・神学校卒。立教大学大学院修士課程、シカゴ・ルーテル神学校大学院博士課程修了。神学博士(Th.D)。日本福音ルーテル教会牧師。学長職に加えて、キリスト教倫理やキリスト教と社会福祉関連の講義やゼミを担当。併せて宣教論にも深い関心を持ち実践神学との切り結びを探る。 

<主催・会場>
 日本福音ルーテル本郷教会・本郷学生センター
  113-0033 東京都文京区本郷6-5-13(東京大学正門向かい「本郷郵便局」うら)
  電話 03-3814-0766
  メール hongo@@jelc.or.jp(送信の際には@をひとつにしてください) 
<プログラム予定>
    12:00~13:00 楽しいお弁当(要申し込み。もしくはご持参ください)
    13:00~13:30 発題講演(江藤先生)
    13:40~14:20 分科会(小グループ)
    14:30~15:00 全体会(まとめ)

尚、当日の日曜礼拝(10:30-12:00)においても関連するテーマで江藤先生に説教をしていただくことになっています。こちらもオススメ。