2012年12月22日土曜日

クリスマスコンサート!20121216




いやはや、すばらしいコンサートでした。
礼拝堂をぎっしりと埋めた114名もの皆さんと共に楽しみました。
フルートの近藤さん、サックスの伊藤さん、ピアノの樺沢さん、お三方の演奏は礼拝堂の空気をそして聴く者の心を大きく揺さぶり、クリスマスの喜びを大きなものとしてくださいました。
その熱気に動かされてか、ルーカスさんのメッセージは予定されていたものをはるかに越えて深いものとなりました。 
チャリティ募金へも多くのご協力をいただきました。感謝いたします。

----------------------------------------------------------
以下、当日配布されたパンフレットより
---------------------------------------------------------
あなたを待っている 
 本郷教会・学生センタークリスマスコンサート2012 

「ヨセフ、恐れず妻マリアを受け入れなさい。 」(新約聖書マタイによる福音書)   

クリスマスおめでとうございます!
ようこそ クリスマスコンサートにお越しくださいました。心より歓迎いたします。

クリスマスとは、イエス・キリストを礼拝するという意味です。イエスは赤ちゃんとして生まれますから、お腹の中での成長とその誕生を指折り数えて待つように、クリスマスには待つ喜びがあります。教会暦ではその期間(4週間)をアドヴェントと呼び、イエスを待つのです。イエスの誕生は他の赤ちゃんの誕生と同様、両親や周囲の人たちの支えと決断無しには導かれませんでした。ですから、私たちがその迎える場所を整えて待つという決断をイエス自身が待っていると言えるでしょう。イエスは生まれる時、体を震わせて、あなたに会いたかったと表現することでしょう。あなたに会うために私は生まれたのだよと。

色々な苦しいことや不安なことを抱えている人、あまりいいことがなかったなと思っている人、そんなあなたに会いたかったと待っていてくださるイエスに出会う時がクリスマスです。

音楽はそんなイエスの思いに触れるすばらしい道具となり、また、すばらしい空間を紡ぎます。今回のコンサートの出演をお引き受けくださった、近藤智子さんと伊藤あさぎさん、樺沢宏美さんに感謝いたします。

お集まりのみなさん おひとりおひとりに 神さまの祝福が豊かにありますようにお祈りいたします。

第1部
 1. 歌の翼に  F. メンデルスゾーン
 2. ドリー   G. フォーレ  より 《子守唄》《スペインの踊り》
 3.  二つの間奏曲  J. イベール
 4. アンダンテ & ロンド  F. ドップラー

第2部 クリスマスメッセージ
 Hymn:      ♪O little town of Bethlehem
 FIRST READING Isaiah 9:1-6 
 Hymn:      ♪Silent Night
 SECOND READING Roman 5:6-8         
 MESSAGE    Christ Waits for Us. by Lucas Chatelain
 Hymn:      ♪Joy to the World

第3部 
 1. 子犬のワルツ      F. ショパン
 2. 「タイス」の瞑想曲   J. マスネ
 3.  アディオス・ノニーノ A. ピアソラ
 4.  バレエ組曲「くるみ割り人形」   P.I. チャイコフスキー メドレー
 5.  リベルタンゴ     A. ピアソラ