2011年1月24日月曜日

ビギナーバイブル2011年1月21日

2011年1月21日はとても寒い日でした。
それでもビギナーバイブルにお一人の参加者が与えられ、
Matthewさん、スタッフの酒井の3名で行いました。

コリントの信徒への手紙12章27節〜31節を読みました。
 
そもそも私達の命そのものが神様からの賜物であることを確認しました。
さらに神様は一人一人に他の人とは異なったその人に相応しい賜物を与えて下さっています。
 
それでは私達各々に神様から与えられている賜物は何かを考えました。
賜物を与えられていないとお考えのようでしたので、
「正直に話されること」「周りの人々を和ます」賜物があるのではとお伝えしました。
 
次にその賜物はどの様に使われることを神様は望まれているかを考えました。
ヒントとしてコリントの信徒への手紙13章1節〜13節を読みました。
「愛」がよく分からないと言われたので、
一例として「家族の看護をすること」をあげました。
最後に入院されている参加者の御父さまの回復を皆で祈りました。