2010年11月29日月曜日

聖書の学び2010年11月21日

 

 
 
教会暦も11月28日のアドヴェント(待降節)から新しい年度に入りましたが、その前の週(11/21)の朝に「聖書の学び」が開かれました。
 
毎月、第3主日の礼拝前(9:30~10:20)のそれはそれは静かな朝の”ひととき”を安井牧師による丁寧な指導の下の嬉しい聖書の学びです。
 
この秋から、旧約聖書の「コヘレトの言葉」を学んでおり、この日は2章でした。
 
旧約に造詣の深い大串肇先生が、先日の修養会でも講義されてましたが、旧約こそ面白いのだと。
 
「コヘレトの言葉」の全編を貫く「空しさ、空しい」とは、どういう意味か、コヘレトを読みながら私たちは、空しさを味わいながら考えたいと思います。
人生には、空しさはつきものですから・・・・・

それにしても、勿体ないなあ・・と私はいつも思います。出席者が少ないからです。
この宝の山を前にして!!!!(この日は都合の悪い人が数名おりましたが)

旧約聖書の醍醐味を味わい方、是非ともご一緒にその世界を共にしませんか。


報告:シマダ