2010年10月30日土曜日

ビギナーバイブル 2010年10月28日

  
10月28日のクラスは4名の参加者とMatthewさんとスタッフの酒井の計6名で行われました。
  
参加者の方のご希望で31日の礼拝の聖書箇所、ローマ3:19〜28を読み、話し合いました。
 
Q:Lawを軽視しているようでlawyerは異議を唱えないのですか。
A:Lawとはこの世の社会で人々が作った法律とは異なり、モーセが神様から授かった十戒を始めとする神の戒めです。
 
Q:律法は何のためにあるのですか。
A:人間が罪を知り、罪のために滅びるのを防ぐためです。
 イエスの時代のイスラエルの人々は律法を守ることで神様に義とされると考え、
 罪を犯すと犠牲を神様に捧げて赦して貰えると考えていました。
 しかし、「わたしをおいてほかに神があってはならない。」一つをとっても人間は完全に守ることはできません。
 また人間の捧げる犠牲は完全ではありません。
 神様はイエス様を十字架に架けることで完全な犠牲をただで人間に与えてくださいました。
 私たちはイエス様を信じるだけで義とされるのです。
  
Q:地獄はどんなところですか。
A:聖書にはあまり書いてありません。
 死後の世界ばかりではなく、この世でもイエス様は共に居られるのにイエス様を感じないで自己中心的に生きているのは地獄にいるのかも知れません。
 日本人は神様を必要としないとよく言います。困っている国や人々に個人で寄付をする額の世界ランキングではオーストラリアが1位で、恥ずかしいことですがアメリカは4位です。
 日本人は個人として接していると優しい人達なのに、日本は本当にランキングの一番最後に近い。

Matthewさんのお祈りでクラスを終えました。

礼拝に参加されるだけでなく事前に聖書箇所を英語で読み、考えておられることを
嬉しく素晴らしいことと感謝し、神様の御業が働いていることを感じるクラスでした。

報告 酒井